カテゴリー:お教室情報

石崎先生が第8回レカンフラワーコンテストで優秀賞を受賞!

先日行われた第8回レカンフラワーコンテスト。

縁の会の石崎美香先生が、アクセサリー部門でなんと!

優秀賞「レカンフラワー協会賞」を 受賞されました (*^◇^)/゚・:*

アクセサリー部門のトップです!素晴らしい快挙です!



さらに自由部門でも入賞されています。

すごいのは、今年が2回目のエントリーなんです。

こんなにも早く、素晴らしい実績を作られました。さすが石崎先生(^^)b

富良野での授賞式にも参加されて、いい思い出を作ってこられたそうです。



アクセサリー部門 優秀賞「レカンフラワー協会賞」受賞作品


































優秀賞獲得は納得の、とっても素敵な作品ですね~。

 

こちらは自由部門入賞作品























































石崎先生は高知県の西部、幡多方面でレカンフラワーインストラクターとして

ご活躍中です!

 

 

押花教室in「牧野植物園」


梅雨空が続く毎日ですが、7月に入りました!
今月は、「美色・押花 縁の会」の作品展があるだけでなく、もうひとつイベントがあります。
毎年恒例の「高知県立牧野植物園」での押し花教室です。
植物園の夏の恒例イベント「夜の植物園」。
今年の日程は・・・
7月21日(土)・22日(日)・8月25日(土)・26日(日)
[時間]17:00~20:30
[場所]本館 五台山ロビー
・押花クリアスタンドづくり/500円
・押花キーホルダーづくり/600円
※4日間とも上記の内容です。
詳しくはこちらでご確認ください
☆牧野植物園ホームページ
http://www.makino.or.jp/calendar03.html



こちらは昨年の画像です












 

夜の幻想的な植物園の雰囲気を楽しむため
限られた照明の中での作業ですが、手元は明るいので問題ないです (^^)





実際にお客様が作られた「押花クリアスタンド」


















毎年、お子様にも大人気です (^^)
「夏休みの宿題にしよう~」と、頑張って時間をかけて作られるお子様も多いです。

 

夜咲きの植物を見学しながら、夜の涼しい植物園を歩くのも
このイベントならではです。

 

ぜひご家族でお越しください。

「縁の会」の今年最初のイベント「新年会」

2012年1月30日は新年会でした。

集まったのは片岡先生門下の押し花グループ「縁の会」のメンバー33名。

恒例の「じゃんけんゲーム」と「くじ引き」も。

「じゃんけんゲーム」は一人100円ずつ持ち
ペアを組んだお相手と勝負します o(^^o)(o^^)o



















一昨年の新年会では、初めて参加した私が優勝してしまい
ずっしりと硬貨が入った袋を、ありがたく頂いて帰りました
まさに beginner’s luck  ヽ(^◇^*)/




今回はスタッフのお一人、堀内先生が優勝され
しかも!なんと、くじ引きでも1等の「押し花額」を勝ち取って行かれました。
良い年になりそうですね。堀内先生  (v^ー°)


















最後は全員で、お決まりの「締め」を。

















今回も和気あいあいと、楽しい新年会でした。


次回の「縁の会」イベントは、5月の「日帰りバスツアー」です。

松山市で開催される「中四国押し花アート展」を、皆で賑やかに見学に行きましょう~ (^^)







「桜の押し花額」作品展 in 牧野植物園  

高知市の牧野植物園で、「美色・押し花 縁の会」の作品展を開催中です。

今回は「桜の押し花絵」を、四十数点展示しています。



 

 

 

 

 

 
 

全国に先駆けて桜が開花する年が多い高知県。

今年も3月24~25日には開花するとの予報です。

牧野植物園の桜の開花も待ち遠しいこの時期に

一足早く「桜」を楽しんでいただけたらと思います。

 

桜の並木道や月の夜桜、春霞に浮かぶ桜など・・・

たくさんの素敵な「桜」の風景が並んでいます。

3月21日まで。

 



 

 

 

 

 

 

 

 


 



 

 

 

 

 

 

 

牧野植物園では、3月18日(日)に押花教室もあります。

参加費500円(別途入場料必要)で

土佐和紙の台紙に押し花をアレンジした、素敵な壁掛けを作っていただけます。

こちらも皆様のご参加お待ちしております。

牧野植物園ホームページはこちら

About me

Yukari Kataoka

Miho Nakagawa