代表あいさつ

土佐和紙&押花やまももの夢
顧問 美色・押し花縁(えん)の会  代表 片岡ゆかり
2012年 現在

資格
押し花、ネイチャープリント、レカンフラワー、山の幸染インストラクター

押し花を初めて2012年で19年目に入りました。
私が押し花を始めたきっかけは国内最大の全国組織である「ふしぎな花俱楽部」が開催していた展示会でした。雨の最終日たまたま展示会を訪れた時の強い衝撃は今でも忘れることができません。それまで想像していた押し花とは全く違った草花や果実の押し花アート額が展示され「胡蝶ラン、いちご、きれい!!」の一言でした。

全国的には2012年で20年を迎えた「ふしぎな花俱楽部」にもいろいろなタイプの作家がおり、それぞれのステージで作品作りを楽しんでいます。押し花経験の長短にかかわらず共通していることは好きな花を美しく残したいという思いでしょうか。

私達 縁の会は、結成以来押し花と土佐手すき和紙にこだわって作品作りをしています。中でも、高知県で初の人間国宝になった浜田幸雄翁の工房和紙を中心に使用しています。その薄さ・丈夫さ・美しさは草花との相性ぴったりで一つとして同じものはなく唯一の作品になり心奪われます。

高知県の伝統工芸品の職人さん達との中で高知県特産の土産品が少ないと伺い「土佐和紙&押花 やまももの夢」を立ち上げて14年になります。平成9年に県のお土産品コンクールで入賞してからは、県立牧野植物園内のショップ、いの町紙の博物館、とさてらすやアンテナショップのてんこす、また県立美術館のショップでもお取り扱いしていただいています。

押し花のブーケにおきましてはお花屋さん、式場美容院のお知り合いの方のご依頼で制作しておりました。これよりは一般のお客様にも直接制作販売させていただくこととなります。新しいレカンフラワーの技術も生かせる作品作りに取り組みます。

また気持ちのこもった葬祭用のメモリアルフラワーもお作りできます(レカンフラワー)。ウェルカムボードやメッセージカード等のご注文も承ります。

ウェルカムボードやメッセージカード等のご注文はコチラ

やまももの夢制作スタッフ
【押し花】 山中志保子 森下美恵子 馬場秋 笹岡里江 堀内照子
【レカン】 中川美保 吉川美佐
【山の幸染め】 片岡ゆかり 中野真紀 笹岡里江

【押し花ブーケ】 片岡ゆかり 中野真紀 中川美保
【レカンブーケ】 中川美保